夏にピッタリ!ペットボトルでできる水出し紅茶の作り方【簡単】

夏に飲みたくなるのが冷たいアイスティーですよね!

今回は、ティーバッグで作る「簡単水出し紅茶の作り方」をお伝えします!

500mlのペットボトルがあれば今すぐにできますよ^^

水出し紅茶の作り方は簡単2ステップ

水出し紅茶作りに用意するものは、

  • 500mlのミネラルウォーター
  • ティーバッグ1包

だけ!!

作り方もたったの2ステップで終わります。

スポンサーリンク

作り方①ペットボトルにティーバッグを入れる

500mlのミネラルウォーターに、ティーバッグをひとつ入れます。

ペットボトルの口が狭いときは、茶葉を上に持ち上げるようにして入れると入れやすくなります。

タグを外に出したまま、キャップを閉めます。

タグが外に出ていると、あとからティーバッグを取り出しやすいです。

作り方②冷蔵庫に入れて待つ

冷蔵庫で冷やし、6時間ほどたてば出来上がりです。

もっと濃くしたいなら、8〜10時間ぐらい抽出してもいいですね。

思っていたより、簡単でしたよね^^

私は夜寝る前に作って、冷蔵庫の中で一晩おいておき、朝になったらティーバッグを取り出しています。

冷蔵庫で保管するなら、3日程度持ちますよ。

とはいえ、500mlなので私はいつも1日で飲みきってしまいますが^^

水出し紅茶におすすめはムレスナティー

私がいつも水出し紅茶に使うのは、ムレスナティーです。

ムレスナティーは、店舗の方が取り扱いのある紅茶の種類は多いですが、ネットでも購入できます。

ムレスナティーの気に入っているところは、

  • 時間が経っても渋くならない!
  • 香りが良い!癒される〜
  • 種類が多くて選ぶのも楽しい

ところです^^

ホットよりもアイスティーの方が香りが良くて美味しいと感じています。

パッケージも可愛いので、プレゼントにもおすすめですよ。

ぜひ一度お試しあれ〜

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)